フライヤー印刷

フライヤー印刷の特徴について

印刷を専門業者に依頼すると言うことがありますが、そこで耳にすることがあるのがフライヤーという言葉です。

この言葉は本来は顧客へ直接手渡しすることとなっていました。

しかし新聞折り込みチラシなどでは薄手の用紙が使われていると言うことで、相手に受け取ってもらっても鞄やポケットの中に入れると言うことが多くなっているので、最終的にくしゃくしゃになってしまうという現状があります。

しかしフライヤー印刷というものは、このような問題を解決することができます。

受け取りやすく手に取りやすくすることができるというのが大きなポイントとなっています。

ここでは135キログラムまでの厚手の用紙に対応をしています。

したがってデザインを個性豊かなものにしたりすることができるだけではなく、さらに耐久性のあるものを作ることができます。

受講料たった2千円で起業成功を実践するセミナー
http://www.gospa.jp/category/1906497.html
参加者には特別に個人コンサルティング可能

またいつでもどこでも手渡しをすることができるようなA6やB7というような小さい規格のサイズにも対応することができます。

受け取ったことを忘れて数日後に鞄やポケットの中に入れたままということに気がついた場合でも、きれいなままの状態を保てるものを作ることができます。

印刷の際にフライヤーという言葉を聞くと、イベントの告知の際に使うという印象が強くなっていますが、このほかにもたくさんの用途があります。

たとえばお店を開店するときやキャンペーンの告知、このほかには商品やサービスの説明をするときにも使うことができます。

フライヤー印刷を行うときに最適な用紙は次のようになっています。

ユニオン印刷の圧着はがきでDMの幅が広がる!
http://attyaku.union-printing.co.jp/
安くて納品もスピーディー!

それはなめらかでツヤがあるコーティングが行われたものとなっています。

これらはコート紙といいますが、このほかにツヤを抑えたマット紙や落ち着いた雰囲気の上質紙を使うことができます。

またそれぞれの用紙で厚さを選ぶこともできます。

その中で一番多く選ばれているものは、コート紙の90キログラムの厚さとなっています。

新聞折り込みチラシが60キログラムの厚さとなっているので、比較をして厚みがあることがわかります。